« June 2006 | Main | August 2006 »

July 31, 2006

玉子が先か…

7月31日
 朝から甘えたい気分の息子。いつもなら子猫になりきって遊びにくるのだが、どんな心境の変化だか、今日のなりきりは…「ヒヨコ」。
「ぴよぴよ かーちゃん、ヒヨコを あっためてぇ」とやってきた。かたわらで、かいぐりかいぐりしてやると、ニコニコしていて可愛い。(親馬鹿)
『ヒヨコは、大きくなったら何になるの?』と尋ねてみれば、
「たまごっ!」と即答。(笑)
挙げ句の果てには、「かーちゃんヒヨコにあっためてほしいのぉ♪」
……いやもう、何かと色々おかし過ぎて、つっこみ甲斐があるよ…。
 息子的ヒヨコがニワトリになるのはいつなんだろうと、ちょっぴり楽しみでもある、今日のオイラでありました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 30, 2006

念願?!

7月29日
 オイラと相方が練習の間に、ぢぢ&ばば達と地域のバーベキューに出掛けた息子。もちろん初めての体験に大コーフン!
 しこたま食べて、無事に終わって、会した一同が感想を述べ合う段となった。挨拶が進むほどに、何故か息子がそわそわし始める。
 ぢぢの挨拶が終わって次の人に番が回ろうとしたところで、息子がダダをこねた。どうやら、自分も一言あるらしい。
「最初に名前を言うんだぞ」ぢぢに入れ知恵され、まずは自己紹介した息子。その後、
「きょうは おれのゆめが かないました おいしかったです」と続けたらしい。(^◇^;)
 当然、その場は大爆笑だったそうなんだが…どこでラーニングしたかね?(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 28, 2006

蝶とたはむる♪

7月28日
 朝、相方の母より、「アゲハが3頭同時に羽化した!」とのメール。庭木に付いた幼虫を気を付けて紙箱の中でサナギにさせた奴が孵ったらしい。
 息子に話すと、「うん!ハゲタチョウみる!」と大層乗り気なので、連れてゆくと…なんと、もう2頭追加で羽化していた。10畳ほどのリビングで5頭のキアゲハ達が思い思いに羽をひろげる姿は、ちょっとした昆虫館だった…足元のケースには30匹くらいの鈴虫の幼虫もいるし。(笑)
 そんな様子に、息子は大興奮! 普段は近付きもできない蝶達を鼻息がかかるほどの距離で見つめて、羽先にちょいと触れては蝶が羽ばたいたと言って歓声をあげている。
 上手に飛べるようになった蝶から外へ出してやり、最後の1頭を出す時には、「ちょうちょは、おうちでくらすんだ。いっしょのごはんをたべるんだ!」と、大泣きした今日の息子でありました。(^◇^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2006

くすくす

7月25日
 朝から大層具合が悪くて、横になっていたら、12時半まで熟睡…なのに、寝不足特有の頭痛がしている…o(_ _o)Zzz
 それでも母子手帳の申請に出掛ける。デザイン変更があったのか、表紙がミッ○ィーだ!実は○ルーナはあまり好きではないが、ま、確かに母子手帳には当たり障りの少ないキャラではある…よね?
 母子手帳と、詳書類を受取り、一路、病院を目指す。
 今日の検診は、採血込み。前回の妊娠でも感じたが、この病院の採血担当者は皆さんすこぶる腕がイイ! 固太りで血管が沈んでいるオイラを一撃ヒットで、ちゅーちゅーと威勢良く採血してゆく。はっきり言って、小気味イイ!(笑)
 そんなこんなで、採血終了。エコーで測った胎児の大きさは2cm。それでも、頭と心臓とオシリ?が確認できる。背骨は……まだわからない。エコーに映るほど固くないと言うことらしい…。(^◇^;)
 前回、臨時で診察した医師が予定日を前の患者と取り違えて「2月24日⇔2月27日」カルテに記載したらしく、医師と、オイラと、元同僚の看護婦とで、くすくすと笑う。で、改めて予定日を2月25日に決定…って、その数日は…正直なとこ、どっちでもいいです。はい。(^◇^;)
 で、行き帰りにバスを乗り継いで移動したら……案の定、激しく酔ってふらふらの帰宅…。只今、少々、グロッキーなオイラでありました。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

July 24, 2006

来た来た…

7月24日
 昨日や今日に始まったわけではないのだが、いよいよ本格的に来た…つわりが。(T^T)
 前回は、「午前中」っていう枠できたが、今回はだらだらと長いこと辛い。腹が空いても吐気…いっぱいでも吐気…吐気のしない加減が非常に難しい。
 経験の無い人に簡単に説明するなら、二日酔いの不快感と倦怠感とが、一月以上続いているような具合だ。
 食べ物の好き嫌いは激しくなるし、過敏になった嗅覚のせいで、これまた倍くらいしんどいし…楽しむ覚悟をしていても、これはなかなかに難儀であります。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 21, 2006

後日談

7月20日
 結婚式に連れて行って以来、息子は何かにつけ、
「あーちゃん!ゆめみたものだよねぇ」と、したり顔でうなづいている…なんだかなー。(笑)
「こんどは、いっしょに、むずかしいうた、うたうんだぁ♪」っていう意気込みは嬉しいんだけど…ね。(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 19, 2006

いざ!

7月16日
 友人の結婚式に、相方と息子とで出席する。数日前に購入したワンピースをきたオイラはまるで妊婦なのだが、どのみち時間の問題なので居直ることにする。
 道すがら、息子は「とーちゃんと、かーちゃんと、レンシューにいくぅ♪」と上機嫌。
「練習って何するの?」と尋ねてみると、
「ゆーやけこやけのうた、うたってあげるねぇ♪…♪ゆーやけこやけで またあしたー♪」とますます絶好調。(笑)
 いや…だってそれ…に●ぽん昔話だし…。
 そのままなのも、なんなので、「あのね?今日はこれから結婚式に行くんだよ?」と説明を試みると、息子はたちまち笑顔になって……
「ケッコンシキってしってるよ!!ゴンドラにのるんだぁぁっ!」
……息子よ…お前は何歳なんだよ…っつーか、誰に聞いたかなー。(^◇^;)
 なんていう珍問答を繰り広げる間に、式場に到着。内弁慶の息子は、さっきまでの威勢の良さはどこへやら、ニヤニヤしながら人目を避けて逃げまわっている。
 いざ、挙式。冒頭の賛美歌斉唱に不満気な表情の息子。
「しらないうただから、うたえないよぅ!」…ま、ごもっとも。
 で、終わりの賛美歌は息子の顔を見て歌ってやると、持ち前の勘の良さで、伸び音だけはそこそこ歌って、納得顔。花びらを蒔きながら「はなはぁぁ、そと!ふくはぁぁ、うち!」と叫んでいたのは御愛嬌。(笑)
 その後のパーティでは、御機嫌であれこれつまみ、相方の背中におぶわれて寝入った息子。最後の最後に目覚めて、新郎に手を振りながら挨拶。
「またあそびにきてね!ロボットのDVDもってきてね!!」
どこまでも。世界は自分を中心にまわっている今日の息子でありました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 13, 2006

なにはさておき

7月11日
 皆の援助のおかげで、今朝はいくらか体も軽く、幾分晴れやかな気分で病院へ。
 待ち合い室も空いていて、あっという間に診察室へ。
 担当の女医さんが手術中で、今日は男の医者。何だか妙な表情の看護婦がいるなと思ったら、元同僚だった。「なんでウチヘ来るかなー」「いや、やっぱ適当な産婦人科なくってさ」と互いに苦笑し合う。
 エコーで心拍も確認出来て、只今の体長1.2cm。次回にはどこが頭かわかるでしょうという事。妊娠7週…くらい…かな?…という見立で、出産予定日を2月24日(仮)とする。ま、息子の時もその後の訂正でひと月ずれたから、これはあくまでも仮。
 懸念事項の出血は、今は大丈夫そうということで、
「痛くなったら、横になるように!」と、前述の看護婦に念を押されて帰路につく。
 会計も恐ろしく空いていて、午後の方が若干、得した気分。前回予約時に医者が、「午後の方がイイですよね?」とわざわざ念を押したのは、そういうわけかと納得。
 なによりも、無事に生きているとわかって一安心。明日からの仕事復帰に勇気が出た。まだまだ大事にしていこうと決意も新たにする今日のオイラでありました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 09, 2006

ちょっとだけ、弱音吐かせてください

7月9日
 したいこと、「息子と遊ぶこと」「新曲の音取り」「暑中見舞作り」「ただ、家から外に出る…というだけのこと」「布団干し」「部屋の片付け」「夏まつりの進行と片付け」「職員会議の準備」「来月の外出予定の策定」「何でもいい…意味のある何か」、出来ません…何も、何ひとつ出来ません
 この子のこと、諦めればいいんですか? もう駄目なんですか? そうすれば、楽になりますか? …なるわけない、今だけで、これだけ苦しんでいるのに

 なんでもないような顔していないと、なにも考えないようにしていないと、怖くて、辛くて、苦しくて、息をするのもままならないほどです

私はどうしたら、どうしたらいいんですか?

 ……と言うメールを、相方に送ったら、帰って来てから頭なでなでされました。(なにせオイラ、起きられないので)
 正直、洒落抜きで追い込まれた心境だったので、他愛ないことですが、少し楽になりました。
 で、相方から一言。
『後は、気合いだ!!』

……浜口サンじゃないんだから…(笑)
 そう、大切なのは、少し笑うこと…ほんの少しでも笑うことなんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2006

いろいろヤバメ

7月6日
 次の子を孕んだ。まずは良し。
 どうも早生まれになりそうだ。ま、やむなし。
 しかも、息子と3歳違いになりそうだ…むむぅ…やむなし。
 二月のコンサートは……無理だよな…前回をかんがみても無理だよな…くぅぅっ…やむなし。

 てなことをぼやきつつ、初期の激しい眠気と闘いつつ、落とすわけにはいかない40kgの荷物を抱えたら…洒落にならない事態になりかけた。
 医者から止血剤を処方され、現在、自宅安静3日目。体調不良そのものよりも、恐怖で身体が動かない…動けない。退屈するかと思いきや、眠気の威力は凄まじく、目を瞑れば寝てしまう。

06:00一瞬覚醒、即入眠
08:00朝食後服薬、即入眠
12:30朝食後服薬、しばし読書
14:00読みかけの本を片手に入眠
18:00息子帰宅、「お腹痛いの治った?」と気を遣う息子となるたけ遊んで、夕食後服薬
22:00就寝

とまあ、馬鹿馬鹿しいほどに良く寝てしまう。
 本来なら、それだけの安静を必要とする時期なのだろうと思いなして、休む。休むしかない。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 03, 2006

口当たり重視

7月2日
 本の好きな息子と、図書館に出かける。いつも、戦隊モノ&働く自動車なのにはオイラが飽きてきたので(笑)、今日は生物のエリアへ。
 亀&金魚&人体(=手術)好きな息子は、アレやらコレやらを手に取り、さんざんに迷っている様子。案外に優柔不断なのか?
 貸出しカードは2枚あるので、なんなら迷っている本を全部借りることも可能なのだが、さすがに重いので、迷っている息子の可愛い様をしばし鑑賞する。(親馬鹿)
 ようやくに息子が厳選した一冊は、『セキセイインコ、文鳥、十姉妹、カナリヤ』。ようは、小鳥の飼い方の入門書である。表紙のセキセイインコが相方の実家インコと同じハルクインなのが、決め手のようだ。
 早速、家に戻ると、立て続けに8回は朗読させられる。それ以降は、文鳥のカラー写真が気に入ったらしく、飽きずに何度も眺めている。
 そんな息子が、何やら口づさんでいるので耳をすますと…
「♪じゅっ、じゅっ、じゅっ、じゅっ、じゅーしまつ♪じゅーしまつったら、じゅーしまつ♪ちっちゃな、ぶんちょー♪」
と、節をつけて首を振り振り歌っていた。(笑)
 内容的には突っ込みどころ満載なのだが、おそらくは語呂の口当たり重視なんだろうな…。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »