« August 2006 | Main | October 2006 »

September 12, 2006

低●圧

9月11日
 5年前の衝撃があるわけでも、明日の儀への期待感があるわけでもない朝。はっきり言って、むしろ積極的に気分も機嫌も悪い。
 何を隠そう、土曜日辺りから、血圧が下がりまくりなのだ。
 主訴は頭痛、めまい、吐気、顔色不良、倦怠感、冷や汗、生あくび、手足が重い、集中できない……そして、なにより機嫌が悪い。(=.=;)
 イライラするのとは、ひと味異なる、どろりとした不快と不満が、多分、眼窩の裏辺りにあって額が圧されるような感覚…っても、共有のしようがないか。(笑)
 たかが低血圧ごときに振り回されるのは非常に癪なのだが、この時期の自律神経系への過干渉は、何かとあんまりよろしくないので、『耐える』と言うより『感じ流す』ように心がける。
 台風同様、いつか過ぎ行くもの…のはず…(^◇^;)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 04, 2006

理想の伴侶?!

9月2日
 先日、職場でこんなことがあった。
 何気無い世間話の中で、ある利用者の女性(91歳)が言った。
「私ねぇ、そろそろ結婚しようかと思うのよ♪」
 いきなりどうしたことかと彼女の方を見ると、彼女はくすくす笑いを溜めて、目をきらきらさせている。どうやら、冗談と承知の上らしい。
 で、そこから話は理想の結婚相手へと発展した。人生の諸先輩方のオススメは、「金をしっかり稼いで、遊び過ぎない人。顔はまぁ、ついてりゃイイ。」…よく考えてみたら、案外つつしまやかな理想だ。『人生を一緒に歩いてくれる人』とか『家事も育児も分かち合える人』とか『同じ価値観を共有出来る人』とか言わないんだから。
 別の職員がそのことを尋ねると、「時代が違うわよぉー。」と、からからと笑われた。
「うちの息子もそうだけど、今の男は女の言うことを良く聞くようになったわよ。あんた達は幸せなのよ?」と、同世代同士で顔を見合わせながら、さらにくすくすと笑う。……いやいや、こればっかりは先々代より、それこそ諸先輩たるお母上様方が、息子たる男性諸士を品種改良…もとい、教育してくださった賜でありまして…(^◇^;)(笑)
 で、折しも若さ溢れる男子実習生がいるこの時期なので、誰が好みのタイプかと、勝手に盛り上がる。
「若い子っていうのも、いいでしょ?」と尋ねてみれば、前述の女性が
「いやぁ…やっぱり、4歳くらい年上がイイね♪」
……あの…でも、それじゃあ…(^◇^;)
「あははは、そうそう、アタシのイイ男はもうあらかた死んでるね♪」
 爽やかに言い放って、からからと笑う、この人達はとっても素敵だなぁ…と、頬が緩んでしまうオイラでありました。(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 01, 2006

ふうっ

9月1日
 朝からお腹に少し違和感があるものの、動いたら楽になるかもと、出勤。
 職場で一日のプログラムの支度をして、利用者を迎え、作業療法して、…やっぱり何かおかしい。
 そのままテンションも高く、ゲームの司会をして避難訓練の前フリをしていたら…お腹が張ってきた…少し痛い。
 体を使う体操担当を同僚に替わってもらい、しばし休んでいたが、復調はかんばしくなく、看護婦も上司も「顔色も悪いし、今日は利用者が定員の半分しかいないんだから帰りなさい。」との優しいお言葉。
 午後の革工芸も夕方の会議も気掛かりなのだが、「やっとくから、いいから、いいから。」と、なかば押し出されるように早退。
 血圧も低いのか、食欲もなく、自宅で休んでいるオイラでありました。横になっている分にはそれ以上、張って来ないので、まだ大丈夫かな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »