« May 2007 | Main | July 2007 »

June 29, 2007

かくなる上は…

6月26日〜27日
 火曜日。朝から38.8度。薬、全く効いていない感じ。だいたい、ぶりかえす時は、もらった薬じゃ効かない菌がいる時。他の菌がいなくなった分、のびのびと暴れられるようになったということだ。喉の痛みも腫れもぶりかえし、横になると息が出来なくて目が覚めるほど。『悪感』→『熱感』→『発汗』の無限ルーチン……さすがに、実家の母にヘルプを出す。
 ババに若を預けて、受診。
「全然良くなってないわね?普通は8日も飲めば治るんだけど?」
「先生、まだ3日です。」
どうも、殿とごっちゃになったらしい…大丈夫かな?
 ともあれ、抗生剤を変更、注射も打たれる。伴って最低3日間の授乳中止。ごめん、若にまで苦労をかけるよ...(o_ _)o
 したらば、若。そんな会話を聞いていたかのように、哺乳瓶からミルクをゴクゴク…今まであんなに嫌がってたのはなんだったの?ってくらい、果汁もゴクゴク。なんていうか、怪我の功名。
 オイラは寝込んでそんな様子も良く見られませんでしたが...(o_ _)o
 水曜日。随分とお座りが上達してきた若、この日、初めて単独寝返りをする…が、見ていたのは実家の母。
「記念写真撮ったわよ!」って、どうせなら記念ムービーを撮っておいて欲しかった…写真じゃあ、わけわからん…(;^◇^)
 オイラの熱は、下がり始めた…予感。頼む!このまま下がってくれ!可愛い幼子達が色々我慢しながら回復を待っているんだ!
 殿には、「早く元気になるんだよ♪」と撫で撫でされ、若は搾乳しているオイラの乳をもの欲しそうに凝視している…(そりゃそうだ)
 熱が下がり出したら、熱の疲れが出たのか、寝やすくなったのか、この日も、しこたま寝た。

| | Comments (61)

June 26, 2007

偽りの回復

6月24日〜25日
 日曜日。やっと体が熱くなってきて、ドロドロに汗をかいた。その甲斐あって熱も下がり始める♪
 一日中、相方に遊んでもらった息子達。ここ数日の我慢もあって就寝時に鬱憤が爆発!4歳児と4ヶ月児が、オイラを取り合って、泣くわ騒ぐわの、大立ち回り!
 それでもまぁ、双方を円満に寝かし付けるだけの体力は回復していた。
 その陰で「俺だって、一日中遊んでやったのになぅ…」と相方がいぢけていたのは別の話。
 月曜日。遅番の相方に殿の送りを頼んで、若と過ごす。オイラが寝込んでいると、つきあって寝ててくれる若に多謝。
 大分、具合が良くなったので帰宅した殿と『トリケラトプスごっこ』をして楽しくやっていたら……20時過ぎからぶり返した。熱、38.1度+悪寒。これは非常によくない傾向だぞ…

| | Comments (1)

June 25, 2007

オイラと悪寒と時々オトン

6月22日〜23日
 確かに数週間前から喉はずっと痛かった。でも、殿が熱出したり、若の検診があったりして、とりあえず自分のことは後まわし…にしていたら、全てが済んだ後に熱出した。
 金曜日、『寒気が…?』と測れば38.8度Σ( ̄□ ̄;) しかも強烈な悪寒がして、手足もお臍周りも冷えきっている。
 冷静に考えたら、このタイミングで受診するべきだったのだが、その時考えていたことは、
「薬飲んだら若に授乳出来なくなっちゃう…頑張って殿を迎えに行かないと…」
 殿を迎えには行ったものの、帰宅後、マジ身動きとれなくなってしまい、見かねた相方の母が、自身も会議に出る忙しい合間を縫って夕食を作りに来てくれた。実家の母からは、来られないけど殿を一晩預かってくれるとの申し出。……皆様、先週に続き、お手数をおかけします…多謝m(;u_u)m
 土曜日。嚥下どころでなく呼吸するのも必死…なほどに腫れている偏桃腺...(o_ _)o
そして炎天下に長袖長ズボンでも寒くて仕方ない悪寒。
 それでも薬飲みたくなくて耳鼻科へ行ったら、
「これはさすがに内服無しじゃ厳しいよ。授乳中でも大丈夫な薬もあるだろうから、内科へも行きな。」とおじーちゃん医師。
 殿ともどもにかかりつけの小児科&内科を受診すると、
「これは殿君よりひどいです」と苦笑された…。
「もし、若君にうつったら、これと同じ薬を出すから授乳しても大丈夫よ。そのかわり、熱が下がっても10日は飲んでね。」と念を押される。
 処方内容をみると、溶連菌にも効く抗生剤が…。確かに今、保育園で流行ってるけど…ま、検査結果を待ってるとニ三日かかっちゃうからって先回りして薬出すのは、この町医者ではよくある話。今のオイラにとっては、熱が下がるんならなんでもします…な心境で。
 午後から殿と外出する相方に替わって、オイラの母がヘルプ来てくれたので、若をまかせてガタガタ震えながら毛布をかけて寝た。…後で聞いた話じゃ、若もオイラに付き合ってか、一日寝てたらしい...(o_ _)oZzz
 普段もそれくらい寝て欲しいけど、ある意味、親孝行な若である。

| | Comments (0)

June 20, 2007

4ヶ月検診♪

6月19日
 殿は7時半、若は8時起き。『若の病院に行って来る』と説明したら、一緒に行くとは言わず、あっさりと見送られる。
 受付開始時刻が30分早まっていたので、人数が多いのかと思いきや、4年前の1/3程度の頭数しかいない。オイラの健康診断中、若は職員さんにだっこしてもらって、怪訝そうな顔をしつつも概ね上機嫌。隣に寝ている女の子が上手に寝返りするのを真剣に見ていた。(帰宅後、練習に励んでいた)
 若本人も、体重8100gちょっと→手足の動き、追視の様子も申し分無く、健やかそのもの♪
 BCG接種が乾くのを待つ間に寝入ってしまい、服を着るときに起こされて文句を言った以外は、大層良い子♪離乳食の話にいたっては、椅子に仁王立ちでしきりに合いの手いれながら熱心に聞いていたくらいだし。(笑)
 何にしても待ち時間が短かったので、ぐずる隙などありゃしない快適さでありました。

| | Comments (5)

実家に帰らせていただきます

6月19日
 前夜。相方の不在時に父に車で迎えに来てもらう。準備した身の回りの荷物を手早く積み込み、テーブルの上に短い書き置きを残す。眠ってしまった若を背負い、殿の手を引いて、車中の人となる……
 久しぶりの実家は、何となく落ち着かない。お泊まりにはしゃぐ殿。

 どちらかが悪かったわけでない。ただ、こうすることがお互いのためだったというだけ……。

 ……だって、明日は、『4ヶ月児検診』なんですものぉ♪o(*>_<)o
 検診会場まで自宅からだと、徒歩と満員電車の組み合わせで一時間近くかかってしまう。実家からなら乳母車押しても15分位。ついでに、病み上がりで登園できない殿の面倒をみててくれるというし…な、プチ里帰り♪
 ま、相方が新ゲームを買った直後だろうから、時間を気にせず、やりこみたいでしょうよ。って側面もないわけでないけど。
 唯一の問題は、実家とはいえ、布団が替わるとオイラ、寝つけなくて…3時過ぎまで寝られなかった...(o_ _)o

 というわけで、検診の様子は別便にて♪

| | Comments (0)

June 18, 2007

密やかな惨劇

6月18日
 殿が四日も39度台の熱を出し、オイラの風邪もぶり返してふらふらだった先週…熱が下がった安堵と共にベランダへ出ると…

Σ( ̄□ ̄;) いっ、苺がカサカサ!

 収穫後、たくさんの新葉を伸ばし、充実した株に成長していた苺が、しなしなを通り越してカサカサに…orz
 ふらふらでも一日一回の水やりは欠かしていなかったのに何故!!
 …原因は、ここ数日の陽射し&室温から殿を守るためにつけた冷房の廃熱。
 よく見れば、薔薇の蕾は首を垂れ、姫金魚草は花を散らし、ベランダは惨嘆たる状態になり果てて…
 他の植物はかろうじてリカバれそうだが、…苺は…今年、大量収穫で楽しませてくれた苺は…地下部のまさに『根性』に賭けるしか…。

 殿のための犠贄となってくれたのだと思ってはみても、非常に無念でならない今日のオイラでありました。

| | Comments (4)

やれやれ…

6月17日〜18日
 前夜、
「俺は、2才だったときのことを思い出している…」とキテレツな発言を繰り返し、遂に熱が脳に回ったんじゃないかと激しく心配し、明日になっても下がらなかったら、救急外来で点滴してもらおうと覚悟を決めて……
 翌朝、殿は6:30に起きた。
「とーちゃん、テレビやってないよぅ!」
とやたらに威勢がいいので、検温してみれば37.3度………
 …やっと…熱、下がった…...(o_ _)o
 高熱と消化器症状で、殿、見るからに痩せてしまった。(約1㎏減)手足がぐっと細くなり大層痛々しい。幸い、熱が下がるのと共に食欲も戻ってきたので、お腹に負担をかけない程度に、まずは好きなものを食べてもらう。
 しかし、まだまだ本調子ではないようで、午前中、DVDを見ながら寝てしまっても、夜は夜でぐっすり。
 月曜日。すっかり平熱。朝からカレーなんぞ食っても大丈夫な回復ぶり…子供って…若さって…凄い。(笑)
 念のため受診すると、まだ喉は赤い…との事で、もう三日分、坑生剤を処方される。当人はここ数日の「遊びたいエネルギー」が溜っていたのか、アレをしたい、ココへ行きたい、ソレもやりたい…と、要求たっぷり、玩具もどっさり、浮かれ踊り…で、度が過ぎて振替休の相方に怒られ、いぢけて玄関で体育座り…(;^◇^)
 でもまぁ、それだけ元気になってくれて、オイラは嬉しいばかりです。

| | Comments (3)

June 16, 2007

明けない夜

6月13日〜16日
 医者からもらった薬が終わるなり、殿の熱がぶり返した。しかも39度台。病院に行くと『喉が赤いかな?前の薬じゃ、弱かったかな?』と、坑生剤&頓服の解熱を処方。
 ……しかし熱、上がったり下がったりしつつも、全体としては下がらず。
 頓服も飲み尽した15日、今度は「お腹が痛い…気持ちが悪い…」と、嘔吐&下痢→再受診。
 食前の吐気止め&整腸剤と頓服の解熱剤が追加になって…。
 熱下がらず…。一方では、遊んでもらない若は余剰エネルギー蓄積しまくり…御機嫌は斜めを通り越して『縦』。それでもうつっていないのが、せめてもの救い。何故って、オイラもぶり返して熱を出しているからさ…どうするよ…どうなるよ、これから…。

| | Comments (2)

June 11, 2007

BIG WAVE

6月10日
 誰も熱は出さなかった…が、若、光り輝く笑顔とすこぶる上機嫌で…4時起床...(o_ _)o 眠いっちゅーねん。
 ま、別件もあってどのみち寝てはいられなかったんだけど。むしろ若の笑顔に励まされた…かも。
 日曜朝のTVルーチンが終わるなり外出の相方。まもなく予報通りの土砂降り。洗濯も窓拭きも、はなっから諦めた病み上がりの母子は、まったりとDVD鑑賞して過ごす。殿の最近のお気に入りは『ビッグオー1stシーズン』(判る人の方が少ないだろうな…)しかし、毎回あのラストでは、息子はともかくオイラにストレスが溜る…2ndシーズンを買うしかないのか…(笑)
 11時半を過ぎたら急激に眠くなってきたが、若い男ども(笑)が眠らせてくれない。
 オイラの父が、昼食を持って遊びに来る。昼寝寝かしつけ中は若をみていてくれて大層助かる。
 殿が寝ついたので、オイラも少し寝かせてもらおうかな…と思ったら…お約束通りに若、起きた。(笑)
 で、ぐずる若と散歩へでるが、今日の若は終始不機嫌。戻って身体検査?してみると、首の奥にあせもが出来ていた。アゴと首…くっついちゃってるものね(;^◇^)
 薬を塗ってやると、すぐに若就寝…そして殿、起床。…良く出来た兄弟だ。(笑)
 で、じーちゃんと殿が、「野球?をしよう♪」と遊びに出かけ、若が寝てやっと落ち着いたところで…

 号泣。

 実は、朝からBIG WAVEが来ていて、とにかく哀しくて泣きたくて仕方なかったのだ。
 産直後以降、一ヶ月くらいで落ち着いていた波が、寝不足だか、授乳休止(服薬中につき)だかの影響で、ザッパーンと来てしまった?
 ま、理由も原因もさておき、哀しくて苦しくて消えてしまいたい現状をどうするかだ。

 で、てっとりばやいとこで号泣した。

 鉄則はひとつ。
「涙も鼻水も絶対に拭かない!」そうしないと、泣き顔が残る。バスタオル必須で、ちょっとエッセンシャルスプレーした枕に顔を埋めて号泣。
 日頃言わない不満はもちろん、実はなんとも思っていないことも、大昔の出来事でも、泣けるネタならなんでもかんでも心に浮かべて、盛り上げて、脱水機のようにとにかく涙を絞り尽す!

 今日は30分くらいで、大分気分がすっきりした。バスタオルを洗濯機に突っ込んで、顔を洗えば、ほら!元通り風味!(笑)
 ……女心(の内分泌)って複雑なのよ…な、今日のオイラでありました♪

| | Comments (13)

June 10, 2007

そして朝が来た

6月9日
 殿の熱、夜中にかけてカンカンに上がった。
「かーちゃん、あそこにある通路をふさがないで…」と何やら見えてしまったほどに。今まではひきつけたことのない殿だが、少々心配になる。
 夜中に一度着替えさせ、こまめに麦茶を飲ませて、汗を拭き…朝が来た。
 殿の熱。36.6度。Σ( ̄□ ̄;)嬉しい誤算!
 当人も極めてケロリとした表情で、
「とーちゃん、そろそろ起きて昨日の絵本読んでよぉ♪」と、朝の6時から元気いっぱい。
 それでも念のため受診させると、「喉が少し赤いですね。」って。つまりは、昨夜のオイラと同じ?
 じゃあ今夜は誰が熱を出すのやら…と一日中ひやひやしながらも、なんとか無事に過ぎた一日でありました。

| | Comments (1)

June 09, 2007

頑張れ!オイラ!

6月8日
 夜半には熱は38.9度。久しぶりの高熱で世界が旋回している。(@_@)
 そんな時に限って、相方は早番だし…で、夜のうちにババーズにメールを投げておく。
 朝。37.8度。相方の母に殿の送りを頼み、オイラの母に若を頼んで、まずは内科へ。
「偏桃腺が腫れてます」
「全然、痛くないんですが?」
「大人の場合、痛くないことがあります」
内心、『本当かよ?』と思いつつも、どっちにしても当座の薬に変わりはないか…と自分を納得させて、坑生剤と消炎鎮痛剤と整腸剤をもらう。
 で、接骨院。今日はテーピングの交換。目立った内出血もなく、完治約2週間の見立。
 帰宅して、食事して、服薬して…寝る。ババーズにも仕事があるので、若は相方の実家で預かることに。なにしろ母乳な息子なので、一緒にいないとオイラも激しく不安。しかし、服薬後ではどのみち授乳できない…ので、覚悟を決めてお願いする。
 それから5時間ほど、全く記憶がない。履歴を見ればメールも電話も来ていたらしいが、マナーモードでもないのに全て素通り放置。気が付いたのは相方の母に連れられて息子達が帰って来た物音だった。
 どっしりと汗をかいたオイラの熱は37.3。消炎鎮痛剤はついでに捻挫痛にも効いていて、何だか全身が軽くなった感じ…調子良く夕食を食べていたら…
「寒い…喉が痛い…」
と殿。体温38.5度。風呂に入れずにパジャマに着替えさせ、市販薬を飲んで、ごろりと横になった5分後には独りで寝ていた。…これは相当に具合が悪いようだ。冷えピタは嫌がるので、脇の下を冷やしてやる。
 もはや、オイラの具合が悪いなんて、言っていられない!
 頑張るぞー!!

| | Comments (4)

June 08, 2007

頑張ります!

6月7日
 捻挫のその後。眠れないというほど痛むこともなく、テーピングが食い込むほど腫れることもなく、そこそこ無事に朝を迎える。これならまず、骨折の心配は無いと一安心。
 しかし、歩くのにはさすがに難あり…踵と足首を繋ぐ内側の靭帯を痛めている。ひとまずは、殿の送りを相方に頼む。若は何を察したのか、非常にイイ子。
 接骨院で治療して、家事して若と一緒に2時間ほど昼寝をしたら、殿を迎えに行く時刻。
 なんていうか。乳母車に寄りかかりながら歩くような具合。殿の道草遊びに付き合う余裕もなく、必死に歩く。(^◇^;)
 家に帰り着くと何だか頭が痛くて、そうこうするうちに寒気がしてきて…検温したら、オイラ、38.4度。Σ( ̄□ ̄;)
 頭痛以外の自覚症状ないんだけど、何の熱なんだろう...(o_ _)o
 ひとまずは、そうそうに眠るのでありました。

| | Comments (1)

June 06, 2007

痛てて…

6月6日

 殿を保育園に送った後の帰り道、散歩がてらに百日祝いの小石を神社へ返しに行く。
折しも神社は工事中。…参拝後、工事の段差で捻挫。Σ( ̄□ ̄;)
 すぐに冷やせば軽くすむのだが…家に帰れば若がぐずるかも…テーピングテープ切らしてたな…しばし悩んでから、そのまま『いきつけ』の接骨院へ直行する。
「あら可愛い♪」朝の接骨院は御老人だらけ。若も心得たもので、上手に愛嬌を振りまく。
 その間にオイラはアイシングとテーピングをしてもらって普段と逆向きに捻っているので、かなり歩きづらい...(o_ _)o
 そういえば、殿の育休中にもひどい捻挫をしたような…半ば諦めモードのオイラでありました。

| | Comments (17)

あれこれ祝い

6月3日
 「殿の誕生日祝い」兼「若のお食い初め祝い」兼「オイラの妹の誕生日祝い」なイベント当日。
 ま、ようは何でも、ケーキ食べてお祝いしとけばいいわけで。(笑)
 朝から、殿の誕生日プレゼントを買いに♪若をばーちゃんに見ててもらっての買い物は、実はそれ自体がもう久しぶりのプレゼント♪殿の気がすむまで遊んで眺めて、殿の好きな『お店のラーメン』食べて、ちょこっとプレゼント買って、相方の実家で若に合流。
 若に乳を飲ませて、殿を昼寝させたら、後を相方に託してオイラだけ帰宅。お食い初め膳の準備である。と言っても、赤飯はばーちゃんが、鯛はババが持参するので、オイラの担当は、お煮しめと吸い物だけ。
 ところが、実はオイラ、煮しめをちゃんと作るのは生まれて初めてだったりとか……だって、作ってまで食べるほどの好物ではない…というかむしろ苦手な一品なのだ。
 しかしながら、可愛い我が子の食運と長寿祈願とあっては仕方ない。この歳になって初体験すりことがあるなんてむしろ幸運だ…と、居直って作業を始める。
 まずは鍋いっぱいにダシをとる。慣れない煮物は煮汁が多い方が失敗しにくいので、ダシ昆布を水に浸し、ついでに煮昆布も戻す。戻ったところで沸騰直前に火を止めて昆布を取り出し、鰹節を入れてもう一煮立ち。苦手な干し椎茸は別容器で戻す…ババ&ばーちゃんは椎茸ダシも好きなので、後で使おう…。
 小鍋に取り分けて里芋、筍、結び昆布、人参、椎茸、インゲン、別々に色良く煮て、…味つけはマグカップにあらかじめ醤油と味醂を同量合わせたものを煮汁の色を見ながら入れて、柔らかくなったらすぐに冷まして…
 一段落したところで、輪飾りを作る。色紙の半端紙をディスクカッターで切り揃えて、ステプラー(笑)で止めて…『輪飾り職人』の腕には自信がある。15分ほどで5mほどを作って飾りつけたところで…息子らが帰って来た。じーちゃん&ばーちゃんずも、妹夫婦もやってきた。とても賑やか♪
 この子らの未来に幸多かれと祈るばかりであります♪

| | Comments (1)

June 04, 2007

10人家族

6月2日
 風呂に入っていたときのこと、殿が笑顔で言った。
「かーちゃんと、殿君と若君の三人家族♪」
『…あの…とーちゃんは?』
「じゃあ、とーちゃんと金魚をいれて5人家族♪」
『…あのあの…金魚は、2匹いるんですが…』
「そっかぁ、じゃあスズムシもいれて10人家族♪」
『だから、スズムシは200匹くらい孵っちゃったんだってばぁ!!』
 でもまあ、順番に数は増えているので、数の大小はわかるようになったんだなぁと感心する一幕でありました。(笑)

| | Comments (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »