« October 2007 | Main | December 2007 »

November 29, 2007

殿的世界

11月28日
 殿に「ラピュタブーム」が来た。相方の実家で見まくっているらしい。
 オイラ的ジブリ作品ランキングでもラピュタは上位キープなので、ノリノリな殿に合わせて、サントラやらなんやらを過去の遺物の中から発掘してやった。…殿、おお喜び♪
「かーちゃん!ここの音楽で、ロボットが飛ぶンだよ!」
「ここはね、『お前達、モタモタするんじゃないよ!』って言うの♪」
 …殿や…確かに正解だけど、サントラだけで、よくもちゃんと思い出せるもんだね……どんだけ…観たのさ…(^^;
「でね、タズーがシータの事を助けに…」
「殿、そこは『パズー』パンツの『パ』だよ。」
「滅びの言葉を『ガルッ!』って言うんだよねぇ♪」
「いや、だからそこは…」
さすがは『♪〜女木さんの羊〜♪』と、聞いたまんまな殿である。(^^;

 そんな殿の決め台詞は、
「はぁっ…♪ムスカさんって良い人だよねぇっ♪」

………ムスカ…『さん』?!

( ̄▽ ̄;)オイラ、彼に敬称をつけたことないですが…。(笑)ってか、『人がゴミのようだ!』と公言して憚らない(嘘)彼がイイ人?!
 面白そうなので『殿的ムスカ像』を調査開始♪
 曰く、
 ムスカさんは、シータを海賊から守ろうとしたのだと…で、ラピュタに入ってからは、だんだん昔の人になって、ラピュタを操縦しようとしたのに、シータとパズーに滅びの言葉を使われて、城は壊れてしまった…と。
……大筋は、あってる。…しかし、どんだけムスカよいしょなんだ?(笑)
 今度は殿と一緒にラピュタを観ようと思う今日のオイラでありました。

| | Comments (35)

November 26, 2007

見立て遊び

見立て遊び
11月26日
 相方が休みでまったりと過ごす月曜日。若を相方に任せて、久々に殿と二人きりで公園で遊ぶ。天気もよく、ようやく始まった紅葉がそこかしこに散り落ちている。
「殿、焼き鳥屋さんごっこしようか?」
「?」
 まず、適当な小枝(串)と落ち葉(鶏肉)を拾う。砂場に穴(囲炉裏)を掘って、串に刺した焼き鳥を焼く。味付け(砂)は殿担当。
 …そして、写真のオブジェ完成!(笑)
 殿はなんにつけ作業に熱中出来るタイプ。公園中を汗だくになりながら駆け回り、枝と葉を集め、オイラが刺したのを囲炉裏に並べ、砂をかけ…また、枝を…相当楽しんでいる。
 「今度は石も焼いて焼き芋にしようね♪木の実も入れようね♪」と、夜になってもニコニコしている殿を見ていると、やっぱカワイイなぁと思う今日の親馬鹿でありました。

| | Comments (20)

November 24, 2007

脱力系

11月23日
 朝日を浴びながら露天温泉に仁王立ち…しようと思ったけれど、風が冷たくて仁王立ちのみ断念。(笑)それでも温泉効果か、アンコウ効果かお肌はツルツル♪
 脱衣所に戻ると、床にブラカップが落ちている。
「( ̄▽ ̄;)…温泉旅行だと思って、気合い入れてた人が朝風呂で落としたか…キヒヒヒ」とか思いつつ部屋へ戻ると…
「あらぁ…カップがない?」と先に上がった母。
(#-_-)ノ⌒┻━┻ アンタかいっ!…っつーか、どんな気合いがいるんだい…┐('〜`;)┌(笑)
 などと言いつつも朝食取って、チェックアウトし、一路筑波山へ。車で上がってロープウェイで登って少しだけ歩いて、ホテルからでも30分足らずの山登り。とにかく天気が良くて、見晴らしがイイ♪神社に参拝して頂上で人混みに揉まれてやはりロープウェイで早々に下山。(若が風邪気味なのだ)ロープウェイ乗り場近くの噂の脱力系テーマパーク『がまランド』へ寄る。
 まず、とにかく看板と矢印が多い「大人も乗れるSL乗り場↑」「展望バーベキュー→」「花の楽園」「つつじ祭この先」「あじさい通り」「ミステリーゾーン」「小鳥広場→」「いのしし渓谷」「大展望台はこちらです」……
……そして、それらしきものはどこにもない!影も形もないぃっ!!よしんば、過去に何かがあったのだとしても、なくなったなら看板外せっ!(笑)
 そして半端な空きスペース(屋外)には、パイプベッドと流し台とガスストーブが安置され、30年にデパートの屋上にいたような電動100円遊具達が放置されている。
「かーちゃん、100円ちょうだい?」殿の求めに応じて100円入れるが動かない。見るとコンセントが外してある。隣の看板には「乗ってから100円入れて下さい」…いや、その前にコンセントだろ。(笑)中には電源コード自体を根本から切断してあるフェイク遊具もあって油断ならない。まぁ、象のサトちゃん&サトコちゃんは稼働したので殿にはそれで勘弁してもらう。
 そして殿と相方は、最新?のアトラクション?の『ガマ洞窟』へ突入!真っ暗な洞窟内には、アレやらコレやら、最後には○○なものまでが潜んでいて殿は終始ビビり続け。しかし相方いわく、『とりあえず、ガマは発見出来なかった。』と。
 名前通りに活躍している唯一のものは大滑り台。高さは2階の屋根くらい。斜度も申し分なく、子どもらが群れをなしている。
 …平和だ…とにかく、全てがツッコミ待ちで脱力間違いなし!噂にたがわぬゆるさであった。
 猛烈に混み始めた登り道をしりめに下山。チラシに載っていた地域のイベントを目指す。
 チラシによれば、旧街道筋に手作り瓦塔楼を出し、街道ぞいの民家などを開放して催しものをしているらしい。回り道して寄ってみると…
 幅2m足らずの路地に手作り瓦が並び、極々民家で行われているのは…「絵手紙体験」「庭開放」「○○さん、お話会」…「記念切手販売」をしていると思えばそこは郵便局だった。しかも売っていたのはイベントと何の関係もない記念切手だったし。(^^;
 600mほど歩いてあまりにも何もなく引き返した。2軒しかない模擬店は昼前に売り切れ。産直コーナーは、どっちが試食でどっちが売り物かわからない。(「試食どうぞ♪」って葡萄一房くれたよ)
 昼食に、JAの直売所併設の蕎麦屋で天ぷら蕎麦をすすれば、客席数に対して圧倒的に厨房が小さく、おばちゃん達は汗かきながら必死にかけずりまわり(しかし、蕎麦も天ぷらも非常に美味だった)、直売所には「買う人の気持ちになって参加しましょう」のでっかい貼り紙…

 …これか…これこそが茨城の魅力なんだろうなぁ…

 なんだか、すんごく楽しんでしまった今回の小旅行でありました♪

| | Comments (282)

November 22, 2007

家族旅行

11月22日
 『イイ夫婦の日』が勤労感謝の前日なのは、何かと労り合えってことか? それよりも「隣人の日」とか作って、普段御迷惑をかけつつも疎遠なご近所さんに、正面きって御挨拶できる記念日があると助かるのだが…(^^; 我が家の息子達、マンションの隣家&階下に騒音出しまくってると思うのよね。
 ま、それでもせめて今日明日は幾分静かに過ごして頂けるはず…茨城県立ミュージアムパーク(http://www.nat.pref.ibaraki.jp/index.html)へ泊まりがけで行くのだ。
 お目当ては『動く恐竜模型』。恐竜ブーム真っ只中な殿の為の企画である。で、大人には温泉とアンコウ鍋♪運が良ければ筑波山の紅葉も見られるかもしれない。
 車での道中は、若にはほどよい睡眠タイム♪興奮のあまりに寝つけない殿をしり目に、珍しく3時間も午前睡する。そして現地に到着するなり、すっきり起床…( ̄▽ ̄;)何て良く出来た息子なんだ!(笑)
 祝日前とはいえ、平日の博物館は人影もまばら。殿にとっては、待ち時間無し、触り放題の貸し切り状態である。『触れる展示』『体験コーナー』全てを気の済むまで何度も何度も回る。内容的には子供からちょっととんがった大人まで、興味を持てる内容になっている。殿は案の定、恐竜エリアに張り付き。オイラは電子顕微鏡をのぞけて幸せ♪相方は巨大ムカデ模型に苦笑い。相方の母は自然観測コーナーに釘付け。オイラの母は若を昼寝させながら授乳室の充実ぶりに感激!(笑)
 館内を堪能した後は、野外施設を散策…するには広すぎて、殿と相方のみで広場に突撃!到底一日では楽しみきれないボリュームであった(^^;
 …で、宿へ移動。
 筑波山からの展望がおすすめ♪な宿へ着いたのは、ちょうど夕陽が富士近くに沈もうとする頃。子らを寝かしつけ、深夜を待って、露天な温泉になかば寝そべり、博物館で購入した星座早見表をいじりながら星空を仰ぐ…月が明る過ぎたが、北天には馴染みの星座達、天頂には夏の星座…あれこれ独り占めで心の洗濯♪ あがってからはパックしながら、マッサージ椅子にもたれて…体の洗濯♪
 子らも激しく満足したようだし、良い旅行になりそうである。

| | Comments (128)

November 21, 2007

プチDIY

11月20日
 『DO IT YOUSELF』嫌いではない。むしろいろんな物に興味や愛着を持てて好きだ。
 というわけで、数日前からホームセンター数店を徘徊。素材を眺めながら、何をするか考える。(笑)
 で、文章では伝えづらい家の中のビミョーな箇所をリフォームした。たまたま父が遊びに来て、勝手に参加。この手の作業は、母よりも父との方が気が合うし、はかどる。何の事はない、似たもの親子だ。(^^;
 あちこちがビミョーに使いやすくなったり、ビミョーに見映えが良くなったりしたので、帰宅した相方に『ビンカン選手権@くりぃむナントカ』を出題する。要は、間違い探しゲーム。
 さすがに『シンクの扉裏のビニール収納ネットの位置が使いやすくなった』までは気がつかなかったが(笑)、中々の好成績。
 でも実は一番の違いは、「いろいろ作って、オイラの機嫌がイイ」ってことかもしれないなぁと思わないでもない、今日のオイラでありました。

| | Comments (27)

November 18, 2007

寝る

寝る
寝る
11月18日
 寝姿二種。知人宅の猫と若である。実は、猫写真を頂いた礼に、同じポーズの若の寝姿を撮ろうとしたのだが、断然うつぶせ派の若は、どうにも仰向かない。(^^; せめて足だけでも…とひっぱって伸ばしたのだが、すぐにピョコンと元通り…。まったくもって、どっちが野性だかわからない。(笑)
 今日も今日とて、花を見ては花を食い、土を見ては土を食う…実に逞しい若でありました。

| | Comments (73)

November 17, 2007

今頃?

11月16日
 殿のクラスには、一卵性の双子「はる君」「とも君」がいる。親御さん曰く「たまに間違えます(笑)」だそうで、オイラにはまず、見分けられない。
 ところが、担任の話によると子供たちは、クラス編成当初から二人を間違えないらしいのだ。
 で、今朝。殿がふと思い出したように…、
「かーちゃん、はる君ととも君って顔がそっくりなんだぁ♪双子って言うンだって♪」

Σ( ̄ロ ̄;)! 二人が似てることに、今頃気付いたんかいっ!

 と、つっこんでいたら気が付いた。そもそも『双子』という概念がなかった殿に、『双子の片割れ』というくくりがあるわけがない。当然、出会った初めから『とも君』と『はる君』を別々の人として認識していたわけだ。
 ふむ。それなら子供たちが、二人を間違えずに認識出来た理由がわかる。
 なんていうか、人間って概念で世界を認識しているんだなあ…としみじみ味わう今日のオイラでありました。

| | Comments (440)

November 16, 2007

子供には子供。

11月15日
 大学の友人が子連れ(3歳&9ヶ月)で遊びに来てくれた。殿&若と歳が近いと言うこともあってか、兄らはすぐに『戦いごっこ』。昼食も、おやつもそっちのけで、そこいらを駆け回っている。しばらくしたら、これが我が家の日常になるんだろうなぁ……下の階のお宅とは、今のうちから仲良くしておかないと(^^;
 それでも、自宅と言うこともあって、殿も若もいたってマイペース。殿は『兄貴風』を吹かせて、「それはちゃんと片付けるの!」「じゃあ、コレ使いなよ」なんて、言いながら自分はちゃっかりビデオを見ていたり。(笑)
 親があれこれ心配しすぎるより、子供は子供同士でちゃんと関係づくりをするもんなんだなぁと、再認識した一日でありました。

| | Comments (21)

November 12, 2007

エマージェンシー

11月11日
 若がたっぷり数メートルは歩くようになった。当人は景色が広がって大層ご満悦だが、何しろようやく満9ヶ月を迎えようという若。体の機能に頭がついていかず、あまりにも危ない。(;^^)
 洗濯用の湯取りホースにつかまって、頭から残り湯をかぶってみたり、炊飯器をひっくりかえしてみたり…危険な場所へは出入り出来ないように普段から気を付けてはいるのだが、守るは攻めるより難し…事故は、その隙を縫って起こる。

 初めは若でなく、殿だった。はしゃぎすぎて玄関の鉄製のドアに左手小指を挟んだ!
 幸い挟みどころ?が良く、爪も関節も骨も無事だったが、きっちり冷やしてもやっぱり少し腫れた。遊んでいる様子を見る限りでは、もうあまり痛くないようだが…。
 そして、若。テーブルの上に置いた熱い茶をひっくり返し、腕と腹に浴びた。お茶の温度は推定で70〜50度。大至急、服を着せたまま風呂場で水をかけ、冷やしてからゆっくり脱がせると…大丈夫、火傷になっているところはないようだ。念のため火傷薬をつけて様子を見る…格段痛がりもせず、普段通りに遊び出したから大丈夫そう…と思っていた直後、もろに顔から転んだ。フローリングの床にぶつけたので抱き起こしてみると、

Σ( ̄ロ ̄;)!口の周りが血だらけ!
転んだ時に下の歯が、上唇と歯茎の間のひだ(膜?)に当たってそこが2ミリ程切れている。圧迫止血するまでもなく血も止まったのでこれまた様子観察。口腔内用の傷薬もあるのだが、赤子に使うなら、医師・薬剤師に相談…とあるので、使わず。今週、予防接種を予定しているので、その時一緒に診て貰おうと思い。

 対処中は、感情置き去りで、そこそこ冷静に体が動くのだが、全てに一段落がつくと頭が勝手に起こり得た最悪のシナリオを想定して、何が何やら、心が絞られるようにアレコレ心配になる。客観的には無用の心配とわかっているし、これが自分の怪我なら気にもかけないところなのだが、我が子、ましてや幼子のこととなると、到底そうはいかない。(;´д`)
 『親になるということは、自分でない誰かの事を死ぬほど心配することだ』って言う意味を改めて痛感しつつ、子供らの視線の先を見て何にロックオンしたのか常に気を配らなくてはと、決意を新たにする今日のオイラでありました。

 きっとオイラ達も親にそれくらいの心配をかけてきた…んだろうな?(^^;
 父上、母上、改めてありがとうございますです。(笑)

| | Comments (4)

November 11, 2007

踏むカイカン♪

11月10日
 出かけようと思う間もない朝からの雨。体を動かせなくておかしくなっている殿のテンションを発散させるべく、手打ちうどんを作ることにする。
 最初のうちは、「まだお腹空いてないよ」と乗り気でない風情だったが、ボールに小麦粉と塩水を入れると興味深々。こねて固まりにして叩き付け始めると、もうじっとしていられない様子。ただし、殿が叩き付けると丸々何処かへ飛んで行ってしまう(笑)ので、ビニール袋に入れたネタをハンマーみたいに壁や床に打ち付けてもらう…殿、かなりノリノリ。そのあとネタを寝かせる時間が早くも待ちきれない様子。
 寝かせたネタを今度はビニールで挟んで踏み延ばす!初めはオイラに捕まりながらおっかなびっくりと踏んでいた殿だが、そのうちに調子が出てきて歌いながらステップ踏んでいる。(笑) 延ばしたり畳んだりを繰り返しながら、仕上げはオイラが殿をおんぶして重量追加で更に踏む!
 も一度寝かせて、湯を沸かして、ネタを麺棒で薄く延ばして、切りながら(オイラ)、くっついた麺をほどきながら(殿)、茹でる(オイラ)。結構イライラするほぐし作業に殿が集中していたのは、少々意外な収穫。
 茹で上がったうどんは、シンプルにぶっかけでいただく♪太さも長さも不揃いだが、麺好きの殿は笑顔で完食。目分量で作った割には(しかも薄力粉)、中々のシコシコ歯応え♪若も根性で試食。(笑)
 すいとんよりも殿が参加出来る工程が多くて、これもアリだな…と思う今日のオイラでありました。

| | Comments (2)

November 08, 2007

若、バイキング・デビューする

11月8日
 オイラの母に誘われて、久しぶりに食べ放題へ出かける。そこは和食中心のメニューなので、殿も二歳過ぎくらいから連れて行っている。しかし、今日の殿は保育園。一方、若はもうすぐ満9ヶ月…でもまぁ、何しろ食べるの大好きだから、なんとでもなるだろうと、ベビーフードを持たずに出発!
 店内に入ると、若は初めての場所にキョロキョロ。家を出る時にしこたま母乳を飲んできたにも関わらず、周りの客が何かしら食べている姿に大興奮!
 …そして彼が平らげたものは…
「白粥」小茶碗一杯
「ふろふき大根」3センチ厚を一個
「蒸かしジャガ」1/2個
「汲みあげ豆腐」1/4丁相当
「鰆の香草焼き」一切れ
「揚げせん」一欠け
「マカロニグラタン」ぼちぼち
で、ようやく遊び始めたので一緒に料理の並んでいるところを一周してデザートを選ぶと、何故か若まで別腹発動!
「ずんだ餡」
「南瓜のパウンドケーキ」
をオイラから奪う…(^^;

 そして、店を出るなり、恐ろしく幸せそうな顔で寝る!

 天下太平、大安吉日、大物に育ちそうな今日の若でありました。……それで夕飯も普通に食べるんだもの…(笑)

| | Comments (3)

皆、大好き♪

11月7日

 保育園からの帰り道、近所のコインパーキングをじっと見ながら、殿がため息。
「あーあ…じーちゃん、全然来ないな…」
『じーちゃんは仕事が忙しいんだよ。』と説明すると、
「仕事より、殿くんは、じーちゃんと遊びたいの!」と、ぷりぷり憤慨している。「じーちゃん激LOVE」な殿。

 そんな殿が帰りつくと、「とーちゃん帰って来るの遅いなー」と。そこで20時半に帰ると教えてみる。すると、20時45分頃には…
「短い針が8で、長い針が6に来たのに、とーちゃん遅い!殿くん、電話する!!」
と、随分具体的に怒っているでわ。(笑)
 時計、わかってんのか?
 そしてオイラがダイヤルしてやると、しばらく耳をあて、
「なんだか『出来ません』って言ってる!」と更に激怒。
 その直後に相方が帰ってきたもんだから、
「殿くん、心配してたんだから!パックマンしてよね!」

( ̄▽ ̄;)…なんの心配だったんだ…(笑)

 日々是成長な殿でありました。

| | Comments (1)

November 06, 2007

追跡者

11月5日
 若の熱烈後追いが本格化してきた。昼寝でもオイラがいなけりゃ30分で大泣き。掃除は掃除機にすがりつき、視界からはずれたら大慌て。若とオイラの間に障害物なんてあろうもなら、絶叫手前の猛抗議!とにもかくにもオイラに引っ付いていないと嫌なようだ。(^^;
 思い返してみれば、殿の時には、生後6ヶ月で仕事に復帰していた。後追いはまだまだ、離乳は楽々。それはそれで良かったのだけれど、ダッコするなり、涙とヨダレでベトベトになって顔をオイラに擦り付け、満足そうな顔になる若を見ると、これはこれで育児の醍醐味かな?と思ってみたりする今日のオイラでありました。

| | Comments (0)

November 02, 2007

洗濯機小夜曲

11月2日
 買ってからというもの、オイラの洗濯スタイルと、洗濯機との連絡調整に励んでいる。まずは、洗濯具合やら乾燥加減とかをみるために、取説を片手にあれこれ洗ったり乾かしたり…ほとんど『実験』。
 やはり、専任乾燥機に比べて乾燥力は今ひとつ。むしろ強力すぎて皺にもなりやすい…つまり、干すのと併用しなくちゃならない。洗濯→乾燥のコースで使うことはやっぱり無さそう(^^;
 洗濯力はかなり佳し♪ドラム式より水を使うが、所詮風呂水。態勢に影響ない。
 そして、癖やら特性やらをつかんだら、今度はやっぱり取説片手に設定…むしろ『調教』。(笑)

 まだまだ時間がかかりそうなな洗濯乾燥機との関係作りでありました。

| | Comments (1)

November 01, 2007

仲間入り♪

仲間入り♪
10月31日
 写真は昨日仲間入りしたドジョウ。ヒゲの感じがかなり寛いでいる風。(笑)
 模様の可愛い縞ドジョウ(\750)ではなく、極めて柳川用の極普通のドジョウ(\180)ではあるが、一応、魚屋ではなく、魚屋の向かいの金魚屋で購入。
 それでも「実は魚屋で買った方が安いんじゃあ…」とか思ってしまった。なにしろ、魚屋で180円も出した日にゃ、サンマが3本も買えてしまう。(笑)
 金魚に比べて体がふたまわりほど小さいので、イヂメられやしないかと心配だったが、水槽に入れるなり喧嘩をふっかけに行ったのはドジョウの方だった。養殖だろうに、案外、野生が強い。
 それでも一日経つ頃には停戦協定が結ばれたようで、入れてやった隠れ家の中に収まってヒゲだけをモグモグさせている。
 興味深々の殿に「隠れ家はドジョウの家なんだよ♪」と説明したので、「魚も家に入るんだ!」とびっくりしながらしばらくは眺めていたが、やがて…
「かーちゃん、ドジョウさん、寝てばっかりだねぇ…」と溜め息。
 いや、それがドジョウのホームポジションってヤツだから。(笑) しかも、泳いでいる金魚に比べて見つけにくいらしく、「いなくなった!」なんて言っては覗きこんでいる。…しめしめ。
 相方の母様は、幼少のみぎりに庭の小川でドジョウをすくい、庭の鍋で煮て、茶碗片手に外ご飯を楽しんだ…という猛者。(と言ってもたかだか50年前の桜上水的日常らしい)
「こんなの売り物になるのねぇ。」と、妙に感心している。
 水槽レイアウトも一部変更で、より池っぽく、しかし玩具いっぱいの子供部屋仕様になり、ますます賑やかな我が家でありました。

| | Comments (37)

« October 2007 | Main | December 2007 »