« June 2009 | Main | August 2009 »

July 31, 2009

くるくるパタパタ親孝行

7月30日
 今日はオイラの誕生日。誕生会は週末予定なので、今日は何もしないが、朝一で友人からプレゼントが届いたりして嬉しい♪
 日中も、部屋を夏仕様に模様替えしたり、せっせと動く。殿の時より、若の時より、今動けるのは、麿が夜寝てくれる子だから。22時くらいに授乳したら、大体6時くらいまでは寝てくれる。たまに4時くらいに起きる事があっても、添い寝&添い乳なので、疲れない。オイラも夜寝られるから、昼間動ける。
 なんて親孝行な麿だろうかと、常から感動していたある夜中、ふと目覚めて傍らの麿を見ると、ぱっちり開眼しているでわっ!
「Σ( ̄ロ ̄;)!やばい!夜泣きか!」とドキッっとしたが、さにあらず。麿、両腕をグルグル回して、布団をパタパタと叩きながら、機嫌良く一人遊びをしている。
 実は普段も、オイラを起こさずにこんな風に一人遊びしているのだろうか……と思ったら、愛しさが倍増した。実にありがたいなによりの贈り物である♪

| | Comments (1)

July 29, 2009

写真

7月28日
 今月頭、オイラの実家のリフォーム祝いと、相方母の写真教室卒業記念に、それぞれデジタルフォトフレームを贈った。
 しばらくしてわかった事には、どっちの家のフレームも孫の写真ばかりが表示されているという事だった。…確かに、どっちの家も、デジカメ買った最大の理由が『孫撮り』だから仕方ない。(^^;
 新物好きのオイラの両親はBGMとスライドショーを同時再生出来るようになるのも早かった。しかし、曲は『ポニョ』…いくら孫と写っているとはいえ、60前のジーチャンには似合わないと思うのだが…(^^;
 そして、リフォームと時を同じくして、壁にかけたコルクボードの写真も一新されていた。両親の新婚旅行からオイラや妹の子供の頃の写真も加わって、趣き深い。息子達の同年齢の頃と並べて見ると、また新たな発見があったり。
 いずれにしても、写真って撮る楽しさだけでなくて、見る楽しさもあるんだな…と、おくればせながら気付くオイラでありました。

| | Comments (1)

若の子守り

7月27日
 若ネタ続き。生まれ持っての個性ってあるよな…と思うほど、殿と若では、麿への接し方が違う。殿は気が向いた時かつ遠巻きに、若は熱心かつ大胆に麿に関わってくれる。そんなある日。
 乳母車に麿を乗せ、若と手を繋いで散歩から帰宅した。乳母車で眠っている麿を玄関に残し、昼寝のための布団を出したりしていると、目覚めた麿がぐずりだした気配。
 すると、
「まろが、泣いてるねぇ」と、オイラよりも早く若、出動。
 一時落ち着いたようなので、この隙にシーツを…と作業を再開するオイラ。やがて、居間に若の気配。
 「まぁろ、まぁろ♪…」と『今週のビック○ドッキ○メカ』みたいな掛け声が聞こえる。……オイラが居間をのぞくと……

Σ( ̄▽ ̄;)!
 若、玄関から居間まで乳母車を移動させているでわっ!
 …一人で玄関にいるんじゃ可哀想とか思ったに違いない。それなら俺が力を貸してやろうとか思ったに違いない…(笑)
 もちろん、玄関→廊下→居間には砂とタイヤの跡がくっきりと残っていたりするわけで…(^^;
 でも、狭い廊下を四苦八苦しながら乳母車を運んで来たであろう姿を想像すると、たまらなく可愛い若なのでありました。

| | Comments (5)

小さいことは…

7月26日
 オイラの妹は、甥に微妙な芸人ネタを教えるのが好きだ。
 で、今はゆってぃ。(笑)
 殿は振りつきでマスターしているが、若もよく覚えている。
 そして、なぜか寝る前になるとテンションが上がる若。23時も近くなって、まだもぞもぞしていたので「早く寝なさい。」と、相方が声をかけると…

若「o(*>_<)o 小さいことは気にしなぁい♪それ、わかちこ、わかちこ♪」
相「(#=A=) 何時だと思ってるんだ!!」

 倍くらい怒られてしまう若なのでした(^^;(笑)

| | Comments (1)

July 26, 2009

里帰り

7月25日
 久しぶりに実家へ帰った。徒歩+電車で所要時間30分の大移動。(笑)
 リフォーム後、オイラが帰るのは2回目。たまに泊まりに行く殿はおろか、相方よりもはるかに少ない。ま、リフォームのタイミングが悪かったと言えばそれまでなのだが。
 引越し直後は、モデルルームのようだった家具にも、両親らしい増設やら工夫がされて、だいぶ生活感が出て来た。
 「人が集まった時に使いやすい部屋にしたい」
 その基本コンセプトどおり、今夜の11人での食事(乳幼児3人を含む)でも、以前のような不便を感じない。むしろ、殿や若が遊ぶスペースがある。
 なかなかイイ仕上がりだったんじゃないだろうか?
 間取り変更もしているのだが、以前の自分の部屋あたりで昼寝をしたら、あまり違和感を感じなかった。ま、オイラの荷物はもう何も無いけれど。
 一日だけの里帰り。予想以上に気分転換になったのであった。
 本当は練習にも行きたかったけど…まだ難しいかも…。

| | Comments (3)

July 23, 2009

日食祭

日食祭
7月22日
 一応、元・天文部。(笑)そうでなくとも今回の日食は見たい。見たい…が、昨夜から雨。これでもかってくらい雨。朝になったら…小雨まじりの薄曇り。
 ここはあまり期待しすぎずに、TV中継のハシゴをきめこむ。
 上海も土砂降りの雨。
「こりゃ、今回の日食は外れかな?」と思った矢先、皆既の瞬間がやってきた。みるみる訪れる漆黒の闇。さっきまでまのび気味だったベテランアナウンサーの緊張と興奮を孕んだ実況。…ムムム、面白そう♪
 そして日本各地の皆既日食中継。束の間の闇が、人間に与える説明しがたい不安と高揚。そして、太陽が現れたことへの素朴かつ純粋な歓喜。…ムムム、現地行きたかったなぁ。(^^;
 すると、一本の電話。
「今だ、今!廊下へ出ろ!見えるぞ!」
……お父様…あなた…今日は仕事そっちのけで、太陽を見張ってません?……でもまぁ…そういうところ……大好きです(^^;(笑)
 マンションの外廊下から天をあおぐと、絶妙の薄曇り加減で、肉眼でも三日月型の太陽を確認できる。写真は…携帯カメラなので、残念ながらこの程度。でも、自分での観察はすっかり諦めていただけに、ちょこっとでもすごく嬉しい♪

 その日の夕方、保育園から帰宅した殿に日食の感想を尋ねると…
「o(*>_<)oあたりが夜みたいに真っ暗になったんだよう♪」
…えと…中継見せてもらったのね(^^;(笑)
 26年後は腰を据えて観察したいなぁと、野望を新たにする今日のオイラでありました。

| | Comments (0)

July 15, 2009

丸トリの冷製スープ?

丸トリの冷製スープ?
丸トリの冷製スープ?
7月14日
 写真は先週前のものなのだが、相方実家のセキセイインコ「きっき」氏。多分、女の子。
 殿が一目惚れで、実家の子になったわけだが、なかなかユニークな性格の持ち主である。当初はラズベリーミックスアイスのような白がちの羽色は、写真の通りほぼパープルで安定してきた。全体的に動作はおっとりとしていて、あまり無茶はしないのだが、時に天然。写真の光景もそのひとつである。
 普段から彼女には『グラスの飲み物を味見する』という癖があったらしい。そして、セキセイインコとしては少数派の『水浴び好き』でもあった。
 その日、グラスの底にわずかに残った麦茶を見つけた彼女は、味見をしようとして頭からグラスに入り…飲むのを諦め、水浴び?を始めた…というわけ。
 殿が好きで、若が苦手で、麿に興味深々の彼女。これからの活躍が楽しみである。

| | Comments (2)

July 08, 2009

ありあけどき

7月7日
 窓を開けて寝ていたら、4時過ぎに目覚めて眠れなくなった。不思議なことに、わけもなくワクワクしている。
「夏の早朝」→「夏休みのおでかけ(海水浴、旅行、夏コミ)」(笑)
 匂いと記憶の関係って、本当に不思議…。

| | Comments (8)

July 06, 2009

平日?休日?

7月5日
 このところ1週間が早い。
 月曜は週末の疲れを癒し、火曜は溜った家事を片付ける。水曜に何かしら始め、木曜には完成の算段をつける。(ちなみに先週は、殿&若の服の名前つけ)
 そんなわけで、金曜には週末が恋しくなっていて、土日はババーズの予定を見ながら、殿&若のしたいことをするか、車でちょっと遠出する。(ただし、今のところオイラ&麿は留守番が多い。)…テュリャ、テュリャテュリャ、テュリャテュリャ、テュリャリャ♪…(^^;
 平日には相方や息子らと過ごす週末を待ちわび、週末には麿とまったりする平日を待ちわび…いづれも「今でない時」を楽しみに今をやり過ごそうとしているから、時間は自覚のないままに過ぎてゆく。つまりは「今」を見つめて、「今」を満喫していないというわけ。
 まだまだ麿の機嫌ひとつで予定変更やむなしの時期ではあるが、時間の隙間をうかがって、楽しみをねじこむような気持ちを持たないと、産育休がもったいないなぁと思い始めている今日のオイラでありました。

| | Comments (1)

July 03, 2009

緊急事態

7月3日
 床あげして生活のリズムを戻そうとしたら、毎日が慌ただしくてブログが空いてしまった(^^;…さて、再起動。
 麿は実にすくすくと成長中♪
寝顔は若、目を開けると殿に似ているのが興味深い。
 保育園の送迎も、麿を横抱き、若と手を繋ぎ、殿は近くを歩く…でやれるようになってきた、そんな今日。
 いつものように麿を抱いて迎えに行き、1階の殿に帰り支度をするよう声をかけて、2階の若を迎えに。シーツをはずして若と一緒に1階へ降りると…殿がいない。
「荷物を持って下駄箱の横で待ってたんですが…?トイレと2階を見てきます。」と担任。
 しかし、園舎内に殿の姿はない…ってか、そもそも靴が無い。もちろん、園庭にもいない。
 『一人で外へ出たのか?それとも…』
 他の職員も園外を探してくれることになり、オイラはひとまず自宅を確認することに。
 園から自宅までの道のりは数100m。しかし、道中は細い道に工事や工場の大型車が行き交う箇所が多い。一人で外を出歩いた経験のない殿が歩くには危険過ぎる…。悪い予感ばかりが脳裏をよぎり、平静なのは顔だけで、内心は心配を通り越して、正直、気絶してしまいそうだった。しかし、若と麿もいる。こんな時こそ、事故に遭わないように…と気をつけるものの、足は知らずに早足となる。
 そして、たどり着いたマンション玄関に殿の姿は無く…「どこへ行ったんでしょうか…」マンション前で合流した担任と話す声が、さすがに、震えた。
 殿にはマンション玄関のオートロックは開けられない。しかし、あるいは…自宅を確認することにする。
 その時、エレベーターが降りてきた。中に見えたのは子供の姿。両腕一杯に自分のシーツを抱えた殿の姿だった。
「かーちゃん達が先に帰っちゃったと思って…そしたら、いなかったから、間違えちゃったんだとわかって、迎えに行こうとしたところ…」
と、殿も相当に不安だったのだろう涙を堪えている。
 そんな殿の顔を見たら、担任とオイラは、半泣きを超えてしまった。安堵だかなんだかわからない。叱りたいんだか、抱き締めたいんだかわからなくなったので、まず先に抱き締めてやった。殿も安心したのかシクシク泣き出す。
 ひとまず、もう一度外に出る前にめぐり遇えたこと、事故なく遇えたことを喜び、これからはそんなときどう行動するかを確認しあった。
 こんなに寿命の縮まる思いをしたのは久しぶりである...(o_ _)o

| | Comments (1)

« June 2009 | Main | August 2009 »