« December 2009 | Main | February 2010 »

January 29, 2010

若白髪

1月29日
 白髪を見つけて驚いた。
 オイラにではなく、麿(=生後8ヶ月)にである。(^^;
 つむじの傍らに1本。長さ2cm程度なので、2〜4ヶ月くらい前から生えてきた毛らしい。見事に真っ白である。
 ……三男坊は気苦労が多いのかな?(笑)

| | Comments (68)

January 28, 2010

随想

1月28日
 麿の突発性発疹が終わり、家中を感染性胃腸炎の嵐が吹き荒れ…小休止。いやはや、1月がアッと言う間に終わってしまった。
 そんな中、療養中の上司からメールが届いた。
『副作用が出すぎて、入院治療を完了。通院治療に切り替えて2月から仕事に復帰します。』
 予感はしていたけれど、上司の覚悟を感じた。同僚の話では、元々痩せぎすな彼女が更に一回り細くなったという。彼女が心配なんだか、わずかなりとも助力していきたいんだか、胸を張るべきなんだか、哀しむべきなんだか、一度に色々な感情と意識が沸き上がってきて、どうも順序だてて表現できない。彼女のことが、大好きで尊敬であることには一寸のゆらぎもないのだけれど。
 オイラの復帰は4月なかば。今は、今出来る事を精一杯しようと思う。

| | Comments (518)

January 08, 2010

冬の雲

冬の雲
冬の雲
1月7日
 今年の冬は、雲が激しい。直撃はしていないものの、積乱雲が見えることもあって、殿なんぞは「あの中にラピ*タがあるんだね!」なんて盛り上がっている。
 これは、局地的な突風やら雹やらになるよなぁ…と、思う今日この頃でありました。

| | Comments (3175)

January 05, 2010

寝相?

1月4日
 ある夜の出来事。
 少し前、寝惚けた殿が嗚咽しながら起きてきた。昼寝をしなかった日の夜には、ちょくちょくある。嗚咽しすぎて嘔吐する時もあるので、要注意だが、今回は寝室と居間を数往復後、入眠。目は開いているが、会話は滅多に噛み合わず、つまりは『寝惚けて』いる。
 それから数時間後、壁に激突した麿が起きた。 寝返りというには少々激しく、おすわりからのそれは、むしろ『でんぐりがえし』。それで壁に頭をぶつけたとなれば、8ヶ月児でなくとも泣きたくなるのも道理だ。
 そして、若。彼には『夜中にハイハイで突進する』という癖?がある。亥年生まれのせいか、人間の体くらいは踏み越え乗り越えしてゆく。しかし彼は『寝ている』。目もつぶっているし…。
 三人ながら揃いも揃って、夢遊っけが強いのかもしれない…両親に似て。(^^;

| | Comments (13)

January 03, 2010

ダメ大人伝説

1月2日
 オイラの実家での夕食後、爺と殿がボンバー●ン(=SFC)を始めた。来週には還暦を迎える爺だが、まだまだ6歳児には負けない。(が、なにせ孫に甘いのでいくらかは『接待ゲーム』である(笑))
 「インベーダ世代は、違うね(^^;」みたいな話をしていると、
 「いや!実は、もっともやりこんだのはパック●ンだ!」と語りだしたことには……

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 インベーダは左手首が腱鞘炎になり、あまりやりこめず。
 その後、パック●ンに出会った。
 当時、某駅ビル家電テナントの店長だった爺(20代)は、食事の時間も惜しんで、しょっちゅう近くのゲーム喫茶でテーブル筐体と対峙していた。
 そこへ現れたのは、部下であるところの、店員。
「…あの、店長、来客です。」
「あぁ。『客先まわってます』って、言っといて♪」

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

Σ( ̄ロ ̄;)! なんちゅー、ダメ大人!!(笑)

 最終的には、その筐体の十字コンの先っちょ(=硬プラの球体)が、割れて再起不能になるまで通ったのだとか…(どんだけ力んだんだか)

 うむぅ…高度成長期の日本人って、もう少し勤勉だとばっかり思っていたのだが…(笑)

| | Comments (3)

January 02, 2010

¥480‐

¥480‐
12月29日
 写真は、妹がブログにのせてくれと、喜び勇んで二つも買ってきた代物。(\480-)
 (#-_-)ノ⌒┻━┻
…オイラは、鬱乳が治るまで、甘いもの制限中なんじゃあ!
 そして、食べ始める息子達…1/3くらいで飽きて、ババーズにバトンタッチ。4人がかりで、1個完食。

 …で…、もう一つをどうしろと…(^^;

| | Comments (19)

« December 2009 | Main | February 2010 »