« April 2011 | Main | September 2015 »

August 31, 2015

紙のノート

 ブログをご無沙汰して久しく、SNSはすっかりTwitter三昧になっている今日この頃。生存確認がてら投げる。
 Twitterの魅力はなにより「往来の人混みを流れてゆく感覚」なのだが、まぁ、往来には向かない日常の澱みたいなものもあり、これまたそこからイイ芽が出たりするもんで、2種類の「日記」を再開している。
 ひとつは手帳のカレンダーにつける「今日の概要」手帳なので、予定として書いたものがそのまま残ることもある。「出来事としての日記」
 もうひとつは「今日から明日への申し送り」。「1ネガティブな記憶」「2ポジティブな記憶」「3明日の目標」を軸にして今日を明日へつなげる。「心象風景としての日記」
 時間がないときや、気が向かないときは書かないし、気がのれば気が済むまで書いたって構わない…と、「自由気ままであること」という縛りをつけたが、まさにそれこそが苦手なところなので難しい。ついつい毎日決まった量を書こうとしてしまう。…貧乏性だ。
(なので、今日はそんな習慣を歪ませてみようとしているわけで)

 でもって、どんな形であれ「日記」が続くかどうかは「ノートの力」によるもんだと気づいた。(※使用者の個人的な感想であり特定の効果・効能を保証するものではありません)
 値段に関わらず、気に入って気に入って気に入りぬいたノートは、まぁ、飽きもせずに連れて歩き、開いてはニヤニヤし、何かしら書き着けてしまう。どこかに妥協したノートは、なんとなく億劫になって、書かないことそのものが引け目になってますます縁遠くなってしまう。

 うん。わかってる。オイラは、ノートに限らず文具全般が恋愛対象なんだ。

| | Comments (2022)

« April 2011 | Main | September 2015 »